【物忘れ対策のサプリ】おすすめ人気ランキング!記憶力の維持・改善に

物忘れと認知症
年齢を重ねるとともに、物忘れの頻度が高くなることは事実であり、それを病気の進行と心配する人が増えてきています。
しかし、「物忘れをすることが増えたな」と自覚しているうちは問題はありません、脳を活性化させるようにして記憶機能を若々しく保つようにしていれば大丈夫です。
脳を活性化させ、物忘れを防ぐために取ることができる方法はいくつもあるのですが、その中でも毎日の食生活が重要だとされています。
必要であるさまざまな栄養分を摂り、毎日の食生活を充実させることがとても大事だとされています。

けれども、毎日の仕事や家事など、忙しい中でバランスのとれた食生活を送ることはとても大変です。
外食をしたり、お惣菜を買ってきたり、冷凍食品を使ったりすることがあると思います。

そんな忙しい人達のために便利なのがサプリメントです。
サプリメントであれば、必要な栄養分をいつでも手軽に補給することができますし。飲むだけなので簡単です。
今回は、そんな物忘れを防ぐために開発されたサプリを、人気がある順にランキングにして紹介したいと思います。

物忘れサプリランキング

プラズマローゲンEX

プラズマローゲンEX
この商品は、認知機能の一部(記憶力)を維持することを目的としています。
安心と信頼の国産鶏ムネ肉由来の原料を使用し、健常な中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である、言葉・位置情報・状況などの情報の記憶力を維持する効果があるとされています。
機能性は臨床試験で実証済みであり、NHKやTV番組、新聞など多数メディアで取り上げられた、話題のプラズマローゲン配合のサプリメントになります。

 こんな人におすすめ
●家族で仲良く、穏やかに暮らすことはできないか?
●この状況がいつまで続くのか、先が見えない
●誰もサポートしてくれない
●いつになれば普通の生活に戻れるのだろう?
●家族のケアが経済的・心理的に大変

 おすすめポイント
●世界で特許を9件取得している、プラズマローゲンサプリの中で人気NO1の商品
●臨床試験による認知機能(記憶力)の機能性表示食品である
●リピート率が86.1%と人気が高い
●飲みやすく吸収性を高めるカプセルを採用
●高品質で安心・安全の国内GMP認定工場で製造されている

販売者

株式会社ピーソリューション

容量

30粒入り 8.1g(270mgx30粒)

価格

700円(特別モニターコース・税別)

主成分

ビタミンE含有植物油、鶏ムネ肉抽出物(鶏肉・卵を含む)/ゼラチン(豚由来)、酸化防止剤(δ-トコフェロール)、グリセリン、安定剤(ペクチン)

備考

購入するとプラズマローゲンEXなるほどガイドがもらえる
詳細ページ

ジオフェルンZ

ジオフェルンZ
滋養強壮に効果があるとされ、古くから人気がある山芋に含まれる成分である「ジオスゲニン」を多く含んでいます。
ジオスゲニンは、「若返りホルモン」とも呼ばれるDHEAと構造が似ていることから、食品として安全に摂取できる代替成分として期待が高まっています。
「うっかり」や「ぼんやり」でお悩みの方へ、聡明な毎日のサポートに摂っていただきたいサプリメントになります。

 こんな人におすすめ
●ぼんやりすることが最近多い
●慣れた道でも不安になることがある
●いざという時にとまどってしまう
●うっかりが増えた
●会話がスムーズにいかない

 おすすめポイント
●ウサイエン製薬(野中烏犀園)の山芋抽出物ジオスゲニンを15%使用
●サエル思考サポート成分の「赤ワインエキス」やリズムサポート成分の「イチョウ葉エキス」・たんぱく質の働きをサポートする「亜鉛」・骨の機能を助ける「ビタミンD」など、うっかりをサポートする成分が多く含まれている
●モンドセレクション銀賞を3年連続受賞している
●リピート率が92.7%と人気が高い
●徹底した品質管理に取り組むGMP認定を受けた工場で生産している

販売者

有限会社リバティ

容量

90粒(約1ヶ月分)

価格

トクトクコース5350円(税込)・単品6480円

主成分

ヤマイモ抽出物・亜鉛含有酵母・赤ワインエキス末・ビール酵母・イチョウ葉エキス

備考

高齢化社会の新しいサプリとして、25社もの雑誌に取り上げられている
詳細ページ

おめがさん

おめがさん
毎日の生活の中で、忘れ物をしたりよく思い出せなかったりするなど、うっかりが増えてきた人の考える力をサポートするサプリになります。
DHA・EPAのほか、クリルオイル・エゴマ油といったオメガ3脂肪酸など、12種類の成分をたっぷり配合しています。

 こんな人におすすめ
●人の名前が出てこない・・・
●最近忘れやすくなった
●集中力がなくなった
●食事が偏りがちで健康が気になる
●毎日元気に過ごしたい

 おすすめポイント
●30代以降の男女、特に40代以降の人に必要な成分が多く含まれている
●おめがさんを飲んで実感できた人は約85%
●楽天ランキング(DHA・EPA配合部門、イチョウ葉エキス配合部門)で1位を獲得している

販売者

株式会社リラクル

容量

1袋 60粒入り(約1ヶ月分)

価格

2400円(定期コース・税込)、3000円(通常購入・1袋・税込)

主成分

DHA含有精製魚油、シソ油(エゴマ油)・EPA含有精製魚油・イチョウ葉エキス・ホスファチジルセリン含有大豆レシチン抽出物・クリルオイル / ゼラチン

備考

定期コースだと割引価格でお得に購入できたり、送料が無料
詳細ページ

物忘れを防ぐことができる栄養成分

食生活

DHA

DHAは人間の体で生成することがほとんどできません。
そのため、食事でDHAを含む魚を食べた量がそのまま反映されます。
サバ1尾・アジの開き1尾・イワシ1~2尾・サンマ1尾がDHAの1日の摂取量の目安になります。
たくさん食べても持続効果はないので、毎日コツコツ摂ることが必要になります。

カテキン

活性酸素を取り除く物質をスカベンジャー(英語で掃除人という意味)といい、代表的なものにビタミンEがあります。
近年、緑茶に含まれているカテキンに、ビタミンEの20~50倍ともいわれる強力な活性酸素消去作用があることがわかりました。
カテキンの1日の摂取量の目安は60mlで、これは緑茶10杯ほどになります。

ビタミンE

ビタミンEには、血管を柔軟にして脳の老化を防ぐ働きのほかに、さまざまな効果が期待できます。

ビタミンEが豊富な食品には小麦胚芽油や紅花油などの油脂やウナギ・マグロ・シシャモなどの魚類などがあります。
また、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類にも含まれていて、おやつがわりにビタミンEを効率よく摂取することができます。

ビタミンB群

最近、注目されているのが、ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸です。
この3つは脳の機能を維持するために必要なビタミンで、特にビタミンB12は、脳の活性細胞を活性化させるために不可欠な栄養素とされています。

レシチン

レシチンは、脂質の中のリン脂質の一種で、体のエネルギー源になるだけでなく、さまざまな働きかけをしています。
レシチンを構成しているコリンという物質は、脳の神経細胞(ニューロン)の間で情報の受け渡しをするアセチルコリンという神経伝達物質をつくる材料になります。
そのため、脳の働きを活性化させるためにとても重要な働きをしています。
コリンはまた、ニューロンそのものを活性化して記憶力や集中力を高める働きのあることが、実験で明らかになっています。

レシチンは大豆のほか、鶏卵や魚卵・レバーなどに多く含まれています。
ただし、動物性食品に含まれているレシチンは、コレステロール値を上げる飽和脂肪酸と結びついている割合が高いので、可能な限り、植物性食品から摂ることをおすすめします。
1日の摂取目安量は3~5gですが、食品によってレシチンの含有量は違うので、納豆やおから・煮豆など、献立を工夫して1品1品から少量づつ摂るのがいいと思います。
市販されているサプリから摂るのも非常に効果的です。

イチョウ葉エキス

脳の血流改善に役立つ成分として、「イチョウ葉エキス」が注目されています。
日本では健康食品として販売されていますが、ドイツやフランスなどの欧米諸国では、脳の機能障害の改善薬として40年以上使われてきた実績があります。

コエンザイムQ10

脳細胞のミトコンドリアが、細胞をサビつかせる物質・活性酸素によって大量に破壊されると精神的機能が衰えていきます。
コエンザイムQ10は、この活性酸素の破壊活動を抑え、ミトコンドリアの発生を促してくれます。

ただ、コエンザイムQ10は、ごくわずかな量しか体内でつくられません。
しかも、その量は20代をピークに減り始め、半分以下に減少してしまいます。
また、過度のアルコール摂取や喫煙・激しい運動・ストレス・偏った食生活によっても、コエンザイムQ10は著しく減少します。
ですから、成人以降はコエンザイムQ10を食べ物などで補給することが大切になります。

コエンザイムQ10が多く含まれている食べ物は、イワシやサバ・ブリなどの青魚が主ですが、いずれの食べ物にもコエンザイムQ10は、ほんのわずかな量しか含まれていません。
たとえば、30代が1日に必要な摂取量は30mgであり、これを満たすにはイワシを6匹も食べる必要があります。
しかも熱に弱いため、焼いたりするとさらに食べる量を増やさないといけません。
コエンザイムQ10を無理なく摂取するためには、これらの食べ物を積極的に摂るほか、不足分をサプリで補うのがいいと思います。

まとめ

以上が物忘れを防ぐことができる主な栄養成分になるのですが、このほかにも赤ワインエキスやクリルオイル・ジオスニゲンなど、さまざまな成分があります。
毎日の食生活の中で比較的摂りやすい成分もあれば、ほとんど摂ることのできない成分もあります。
栄養分をきちんと摂りたいと思っても、献立を考える際にメニューが偏ってしまったり、食べるのに飽きてしまうといったようなこともあると思います。
なので、飲むだけで栄養分を簡単に摂ることができるサプリをおすすめします。

 物忘れサプリランキングはこちら

コメントは受け付けていません。