起立性調節障害サプリランキング!不眠や立ちくらみ・不登校の改善に

目覚まし時計
起立性調節障害は、中学生から高校生の思春期の年代に多い病気です。
「朝、起きることができない」・「立ち上がった時に立ちくらみがする」などといった症状がありますが、それは自律神経の乱れに大いに関係があります。
また、自律神経の乱れは睡眠に大きく関係していて、きちんとした睡眠のリズムを保っていると、自律神経の乱れも回復します。

今回は、そのきちんとした睡眠のリズムを保つために人気のサプリを、ランキングにして紹介したいと思います。

起立性調節障害サプリランキング

キリツテイン

キリツテイン
この商品は、L-テアニンを中心に、ヘム鉄や高麗人参・亜鉛など、リラックスさせストレスを減らす成分が配合されています。
睡眠の質を上げスッキリさせるので、朝起きるのががつらいお子様をサポートできるサプリになります。

 こんな人におすすめ
●子供が不登校になった
●朝や午前中の調子が悪い
●急に立つと立ちくらみになる
●朝がとにかくつらいしだるい
●電車で立っているのが辛い
●乗り物酔いがひどい
●子供の学力低下が心配

 おすすめポイント
●医学論文に掲載され、注目されている成分であるL-テアニンをたっぷり220mg配合
●精神科の医師が推奨
●購入者さんたちの92.7%が満足
●国が保証している国内GMP認定工場で生産
●30日間全額返金解約保証がついている

販売者

株式会社リアルネット

容量

120粒(1ヶ月分)

価格

3500円(定期コース・税別)

主成分

L-テアニン・サンテアニン・紅参末・ヘム鉄・亜鉛酵母・ビタミンE・還元 麦芽糖水飴・結晶セルロース・ステアリン酸Ca・微糖二酸化ケイ素

備考

定期コース最大50%OFF
詳細ページ

爽眠α

爽眠α
爽眠αは、身体に負担をかけず、私たちがもともと持っている自然なリズムへと導き、おだやかに睡眠をサポートします。
機能性関与成分であるL-テアニンを200mg摂取することで、起床時の疲労感や眠気を軽減し、睡眠の質を見直すことができます。
また、L-テアニンだけでなく、クワンソウや大麦乳酸醗酵液ギャバなど、厳選した自然素材がやさしくアプローチしてくれます。

 こんな人におすすめ
●不眠で悩んでいる
●寝起きが悪い
●眠りが浅い
●朝、疲れが取れていない
●寝る前にスマホを使っている

 おすすめポイント
●睡眠薬などとは違い、直接眠気を誘う成分は含まない
●満足度が92.4%と人気商品
●消費者庁にて機能性食品として認められている
●品質管理が徹底された国内のGMP認定工場で製造
●初回購入分に限り500円(7日分・税抜・送料無料)で購入可能

販売者

株式会社プログレ

容量

32.4g(1粒重量270mg×120粒)

価格

500円(7日分・税抜)

主成分

L-テアニン・澱粉分解物・マルチトール・大麦乳酸醗酵液ギャバ・クワンソウエキス粉末/結晶セルロース・ステアリン酸カルシウム・ビタミンB6・ビタミンB1
詳細ページ

リラクケア

リラクケア
この商品は、臨床試験済みのL-テアニンを関与成分とする機能性表示食品です。
ストレスを減らし、睡眠の質を改善することで、朝スッキリと起きることができるサプリになります。

 こんな人におすすめ
●夜にリラックスしてしっかり休息したい
●起床時に疲労感を感じる
●朝が憂鬱でスッキリ起きれない
●睡眠薬などきついものが苦手
●徐々にリラックスできる状態を目指したい

 おすすめポイント
●L-テアニン200mg・GABA100mg・イノシトール100mg・ナイアシン45mg他、しっかりとした配合成分と量がある
●実感がなければ定期コースは1回で解約可能
●厳格な品質管理が行われているGMP認定工場で製造

販売者

日本アドバンストアグリ株式会社

容量

60粒(30日分)

価格

1390円(定期コース・税別)、3300円(通常価格・税別)

主成分

L-テアニン・イノシトール・ナイアシン・ステアリン酸カルシウム・ビタミンB6・GABA

備考

定期コースは送料無料
詳細ページ

起立性調節障害とは?

医者
起立性調節障害は、起立時に血圧や脈拍に異常が生じ、主に午前中に、立ちくらみや目まい・頭痛・吐き気などの症状がみられる神経の病気で、なかには失神するケースもあります。
この病気は1950年代にヨーロッパから伝わり、1960年代には診断基準が作成され、それから半世紀以上が過ぎ、発症頻度は約1割におよぶものの、一般的には案外知られていないのが実情です。
あまり知られていない理由の一つに、「午前中は具合が悪いけれども、午後から夜にかけては調子が良くなる」場合も多いため、疾患として捉えられにくいことが挙げられます。

起立性調節障害の特徴

起立性調節障害は、決して珍しい病気ではありません。
小学校高学年から起立性調節障害の兆候を持つ確率が高くなり、中学生で急増します。
医療機関の起立試験によって判定された起立性調節障害の発症頻度は、中学生の約1割・小児科を受診する中学生の約2割を占めます。
ところが、自律神経の機能が悪くなって発病するというメカニズムが理解されず、朝起きられず学校に行けないのに、午後から夜には元気になることが多いため、「気合が足りない」・「怠け」・「サボり」などとしばしば誤解されます。
「本当に病気なの?」と思われてしまうので、起立性調節障害という病気を発症していることになかなか気づかれないというのが現状なのです。

起立性調節障害の特徴としては以下のようなものがあります。
●立ち上がると、脳血流の低下・低血圧・頻脈などが起こり症状が現れる
●思春期(中高生)に起こりやすく、春から夏に悪化する傾向がある
●午前中に症状が強く、午後から回復する自律神経系の病気
●精神的なストレスで悪化する
●体を調節する神経の働きが悪く、特に朝起きるときに不調が起こりやすい
●動き方を変えたり生活パターンをつくったりすることで、症状を軽減することができる

不登校の子どもに多い

不登校の子どもに、起立性調節障害の症状が見られるケースも多くあります。
この病気が厄介なのは、もっとも発症しやすい時期が思春期で、高校進学という人生の岐路にあたるということです。
中学三年生で不登校になり、「このまま引きこもり、ニートになるのでは・・・」と頭を悩ませる保護者もいます。

起立性調節障害の治療

起立性調節障害は、命にかかわる病気ではありません。
成人すれば、症状がまったくなくなる人もいます。
不登校や引きこもりになっても、適切に対処し治療を受ければ、生活に支障をきたさないよう症状を軽減させることができます。
ただ、この病気の治療やサポートは医療機関だけでは難しく、家庭や学校などさまざまな対応が必要不可欠になっています。

起立性調節障害はなぜ起こるのか?

自律神経ってどんな神経?

記憶力
起立性調節障害とは、「自律神経の調整がうまくいかず、起立時に身体や脳への血流のバランスが悪くなる病気」ということであり、小学校高学年から思春期に発症しやすくなっています。
私たちの体には、すみずみまで神経が張り巡らされていて、脳から体の各器官への命令を伝えています。
神経のシステムは中枢神経と末梢神経とに大きく分けることができ、末梢神経は、体性神経と自律神経に分かれます。

私たちは、「手を挙げて」とか、「目を閉じて」とかいわれるとその動作をすぐに行うことができます。
これは体性神経(運動神経)の働きによります。
ところが、「体温を下げて」とか、「脳の働きを速くして」といわれても、自分の意志ではどうにもなりません。
つまり、人間が生命を維持するうえで必要な心臓の動きや消化活動・体温のコントロールなどは自動的に作動するようにできているのです。
その働きを担っているのが自律神経なのです。

交感神経と副交感神経のそれぞれの働きは?

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。
この二つの神経は、心臓や肺・皮膚といった体の各器官に対して、それぞれ反対の方向に働くことで体の機能を調節しています。
例えば心臓に対しては、交感神経は心拍数を増加させる方向に、副交感神経は減少させる方向に作用します。
そして、自律神経は外部からの刺激・心の状態・時間などによって、交感神経と副交感神経はお互いに休んだり活動したりしながら、全体のバランスを調整しています。
一般的にいうと、交感神経は体の活動を促す「エネルギー消費型」で、車でいえばアクセルになります。
一方、副交感神経は体をリラックスさせる「エネルギー保存型」で、車でいえばブレーキの役割を果たしています。

誰でも経験があると思いますが、多くの人の前で話をするときなどに緊張してしまうと、交感神経が優位になって心拍数が増加し、いわゆる「口から心臓が飛び出しそう」な気持ちになったりします。
しかし、話が終わって緊張がとかれれば、副交感神経が優位になり、心拍はゆっくりになって落ち着いた状態に戻ります。

このように、自律神経はどちらかが活発な時、もう片一方は働きが弱くなりますが、この調節は本人でも意識しないところで行われますから気づくことはありません。
起立性調節障害は、思春期の急速な身体的な成長に自律神経のネットワークの発達が追い付かず、さらに交感神経と副交感神経のバランスも悪いため、体調をくずしやすくなってしまい、その立て直しにも時間がかかってしまうのです。

起立性調節障害と睡眠

ベッド
起立性調節障害は、いろいろなつらさをかかえた病気です。
それも、発症した本人にしかそのつらさはわからず、しかも、周りの人たちにそれが理解されにくいわけですから、厄介な病気といえるのかもしれません。
起立性調節障害のもっとも特徴的な症状は、「朝、起きられない」ことにありますが、子どもたちは朝、とくに機嫌が悪く、親が登校を促しても「眠い」・「だるい」・「気持ちが悪い」と訴え、そのまま眠り込んでしまうことが問題です。

朝なかなか起きられないことの根本原因は、自律神経の機能不全になります。
人間には体のなかに体内時計が備わっています。
体内時計は、地球周期の24時間よりも周期が長く25時間ですが、朝起きて光を浴びたり、朝食を摂ったり、学校や会社に行くなどの社会的事情があることでリセットされ、地球周期に同調する仕組みになっています。
この体内時計のコントロールのもとに、健康であれば意識しなくても、朝になると交感神経が活発化して日中は心身ともに活動的になり(活動モード)、夕方から夜にかけて副交感神経が優位になって休息に向かいます(休息モード)

いっぽう、起立性調節障害ではこのリズムが崩れて、朝、交感神経が活発化せず昼ごろまで休息モードになります。
午後になってようやく交感神経が活発化して心身ともに活動的にはなるのですが、夜は目がさえて深夜になっても寝付けないという状態になってしまいます。
重症の子どもでは、夕方まで起きることができず、昼夜逆転になってしまうことも少なくありません。

この結果、夜ふかし → 睡眠不足 になってしまい、「寝つき不良」や「眠りが浅い」などの症状がたびたび見られるようになります。
つまり、毎日のきちんとした睡眠のリズムを作り上げることがとても大事なことだといえるのです。

起立性調節障害サプリと睡眠

サプリメント
今回ご紹介した起立性調節障害サプリは、どのサプリもL-テアニンを200mg使用しています。
L-テアニンには、
●玉露や抹茶などに多く含まれているリラックス成分が含まれている
●起きた時に眠気をスッキリさせる
●学校や部活動・人間関係など日常生活からのストレスを解放
●入眠前に興奮状態にならないように整えてくれるので、休息の質が向上する

などの効果が期待できます。

L-テアニンは、医学雑誌にも掲載されたことがある成分であり、200mg摂取することでスッキリ爽やかな朝をサポートすることが証明されています。
サプリを飲むことで、起立性調節障害の中でもっとも重要視されている「良い睡眠をとり、朝、きちんと起きることができる」ということができるのであれば、サプリを購入する価値はあります。

けれども、サプリを飲むことに不安を感じている人もいると思います。
サプリを飲んでみたが効果を感じなかったり、合わないという可能性も当然あると思います。
そういった場合、キリツテインであれば30日間の全額返金保証がついていますし、爽眠αであれば初回500円にて7日間だけ試すことができます。
使ってみたけれども・・・といった場合でも安心の設定になっています。

また、サプリは医薬品ではありませんので副作用はありませんし、薬との飲み合わせについても問題ありません。
ただ、食品アレルギーをお持ちの方は、原材料をご確認の上、お医者様にご相談の上でお召し上がりください。

 起立性調節障害サプリランキング

さいごに

起立性調節障害サプリにおいては、病気を完治させるために飲むものではなく、あくまで補助的な役割になります。
それでも、重要な部分においてはしっかりとサポートできるものになっています。
サプリによって成分や効果・効能などに違いがありますので、自分に合うサプリを選んでくださいね。

楽天カードに入会していますか?
楽天でお買い物をするなら、楽天カードを使うのがお買い得!
買い物に対してポイントが付き、ポイントでお買い物をすることも可能になります。

コメントは受け付けていません。