鉄欠乏性貧血サプリ人気ランキング!妊娠時の食事のサポートに

記憶力
鉄欠乏貧血は、その名の通り、鉄ミネラルの欠乏によって起こります。
鉄は赤血球の中になるヘモグロビンの主成分であるため、鉄が不足するとヘモグロビンが作れなくなり、その数が減って貧血を引き起こしてしまうのです。

鉄を摂る場合、栄養バランスの摂れた食事からというのが基本的になるのですが、実際問題、忙しい毎日の生活の中で献立を考えて組み立てるというのは一苦労です。
外食したり、料理を作る時間がないのでお惣菜を買ったりすると思いますし、「どうしても3食とも自炊する!」などと無理をすると、途中で挫折してしまう可能性もあります。

そこで便利なのがサプリメントになります。
サプリメントは、日本語に訳せば「栄養補助食品」であり、薬のような形をしていますが、あくまでも「食品」です。
薬ではありませんし、自然界にもともと存在する材料から作られてしますから、副作用がほとんどなく、効き目が穏やかなのが特徴です。
今回は、鉄を簡単に摂ることができるサプリメントの中から、人気がある順にランキングにして紹介したいと思います。

鉄欠乏貧血サプリランキング

リモナイトゼン

リモナイトゼン

リモナイトゼンは、20年以上にわたり日本の養豚業などで家畜の飼料用としても使用されており、農水省へも届出をしている安全なミネラル成分です。
獣医学で世界的権威のあるアメリカのコーネル大学、ジョセフ・ワクシュラグ教授による臨床実験でも、その安全性は確認されていることで高い評価を受けている鉄分補給サプリメントになります。

 こんな人におすすめ
●イライラする
●集中力が続かない
●やる気が出ない

 おすすめポイント
●鉄分が不足しがちな人の健康をサポートできるサプリ
●鉄分の吸収効率を上げるビタミンCと女性に優しい葉酸を400μg配合
●リモナイトゼンを飲んで実感できた人は88%
●累計50000個以上の販売実績がある人気商品
●管理栄養士が推奨している

販売者

合同会社ヒゴワン

容量

24g(400mg×60粒)

価格

3780円(初回特別価格キャンペーン・税込)

備考

15日間安心返金保証がついている

詳細ページ

美めぐり習慣

美めぐり習慣

これひとつで1日に必要な鉄分10mgを摂ることができるだけでなく、 葉酸・ビタミンB12・ビタミンB6・ビタミンCなどの1日の栄養分が摂取できる【栄養機能食品】です。
さらに、からだの巡りバランスを整えるぽかぽか成分であるオーガニック生姜や、ビタミンC豊富なアセロラ・栄養の宝庫であるスピルリナなど、自然の恵みをギュッと凝縮しています。

 こんな人におすすめ
●鉄分を効率よく摂ることができるサプリを探している
●食生活が偏っている
●女性のからだに優しいサプリが欲しい

 おすすめポイント
●普段の食生活では必要分を摂ることが難しい鉄分を1日分摂ることができる
●鉄分と相性が良い栄養素を自然のめぐみからギュッと凝縮
●商品を購入して使ってみた人の満足度は94%
●粒の大きさを一般的な錠剤のサイズと比べて約3分の2にしているので飲みやすい
●徹底した品質管理がされたGMP認定工場で一貫して製造

販売者

さくらの森

容量

1袋(150粒入り・約1ヶ月分)

価格

1480円(初回特別価格キャンペーン)、3980円(通常購入)

主成分

ヘム鉄・有機生姜末・有機モロヘイヤ・スピルリナ・アセロラ

備考

15日間安心返金保証がついている

詳細ページ

amoamo

amoamo
チャイルド・ボディ・セラピストとして大活躍中の、蛯原英里がプロデュースしたベビ待ち妊活サプリです。
妊活サプリの定番であるヘム鉄・葉酸・マカ・亜鉛などに加え、女性には嬉しい美容もケアしてくれるザクロエキス・ビタミンC・ビタミンEも配合されています。

 こんな人におすすめ
●普段の食事では妊娠に必要な栄養が足りない気がする
●美容と健康に最適なサプリはどれを選べばいいのかわからない
●複数のサプリを飲むのは面倒だし、経済的にも厳しい
●お腹の赤ちゃんにもしっかりとした栄養を届けたい
●美容までサポートしてくれるようなサプリがあれば嬉しい

 おすすめポイント
●1日たった3粒で妊活に必要な成分をしっかり摂ることができる
●妊娠前・妊娠中・産後といつでも飲むことが可能
●プライバシーに配慮した包装で届く
●リピート率が95%・違いを実感できた人が97%の人気商品
●衛生・工程管理の行き届いた国内工場で生産

販売者

資格サロン合同会社

容量

90粒入り(30日分)

価格

3300円(定期コース・税別)、4200円(単品・税別)

主成分

マカ粉末、デキストリン、亜鉛含有酵母、ザクロ果汁粉末、大豆胚芽抽出物、ルイボス茶エキス末、ヘム鉄、ビタミンC、粉末セルロース、ビタミンE、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、葉酸

備考

定期コースであれば、1日わずか110円と経済的なので長く続けることができる
詳細ページ

貧血大国である日本

医者
貧血の中でもっとも多いのが、「鉄欠乏性貧血」です。
鉄は赤血球の中に含まれる重要な成分であるヘモグロビンに不可欠なミネラルですから、鉄が不足するとヘモグロビンが作れなくなって貧血を起こします。
実は、この鉄欠乏性貧血は急激に起こるわけではなく、徐々に進行していきます。
そのため、最初のうちは自覚症状もなく、貧血が進行中だとはまったく気づかないことが多いのです。
しかも、貧血の進行がゆっくりであるために、身体の方が貧血状態に慣れてしまって、かなり進行してからも自覚症状を感じない人さえいるのです。

2006年において、医師たちによって発表されたものによると、健康な日本人女性1万3000人以上を対象とする調査において、50歳未満の日本人女性の22.3%は貧血で、そのうちの25.2%(全体の5.6%)は重度の貧血でした。
妊婦の30~40%が貧血で、これは先進国の平均である18%とは比較にならず、どちらかといえば、発展途上国の56%に近い数字になっています。

また、鉄欠乏は日本人女性だけの問題ではありません。
世界保健機関(WHO)の調査では、世界でもっとも多い栄養障害は鉄不足で、全世界の人口の3分の1、約20億人が鉄欠乏性貧血に悩んでいるとされています。
特に、5歳以下の子どもではその約4割、妊娠している女性では約5割が鉄欠乏性貧血であるともいわれています。

イスラエル・インド・ベネズエラ・ペルーなどの国別のデータでは、貧血の人の割合は妊婦が3割弱から約6割、妊娠していない女性でも2割前後、国によっては4割近くにも及びます。
それに対して、成人男性はほとんどの国で1割以下と、貧血の割合はかなり低く保たれています。
つまり、鉄欠乏性貧血は世界的に多い病気というだけでなく、特に女性に多い病気なのです。

貧血は女性の健康と妊娠の大敵

美容
肩がこる・疲れやすい・手足が冷えるといった症状を感じている女性は多いものです。
むしろ、これらの症状をまったく感じたことがないという女性はまれだといっていいのではないでしょうか?
症状別に治療や対策をしている人も多いと思いますが、これらの症状は貧血が原因で起きている場合が多々あり、放っておけば貧血が進んでもっと重篤な症状が現れてしまうことにもなりかねません。

鉄欠乏性貧血になると、組織への酸素の供給不足から疲労や倦怠感・胃の不快感などが起きますが、さらに、脳が酸欠状態になれば頭痛やめまいなども起こります。
また、活性酸素を無毒化することができなくなります。
活性酸素とは毒性の強い酸素のことで、細胞を老化させるとともに、肌の弾力を保つコラーゲンや水分を蓄えるヒアルロン酸をズタズタに壊してしまいます。
つまりこれを無毒化できないと、肌が張り、水分を失ってガサガサになってしまうのです。
しかも、妊婦の場合は妊娠中毒症にかかりやすく、早・流産する危険性が高くなることがわかっています。

また、貧血の影響は胎児にも及びます。
通常、赤ちゃんは生後3ヶ月間は、体内に蓄えた鉄で必要量を充分まかなうことができ、鉄を補給するのは3ヶ月を過ぎてからでいいとされています。
ところが、母体が鉄欠乏性貧血であった場合は、赤ちゃんの体内に蓄えられた鉄の量も少ないため、生後2ヶ月ほどで赤ちゃんが貧血になってしまう場合もあるのです。

赤ちゃんに貧血状態が続けば、感覚・運動・言語の発達などに遅れが出るうえ、精神的にも不安定になることがわかっています。
これらのことを考え、妊娠中は初期・中期・後期と3回は貧血検査を受けることが望ましいとされています。
妊娠初期には貧血でなかった人も、胎児の成長に伴って貧血になってしまうことがあるため、1回検査すれば大丈夫というわけにはいかないのです。

なぜ妊婦は貧血になりやすいのか?

妊婦
日本では、「妊婦は貧血になりやすいから、鉄分の多い食事を摂取しましょう」といわれています。
皆さんの周囲にも、妊娠中に貧血といわれたので、鉄剤やサプリメントを服用したという人もいるのではないでしょうか?

日本の妊婦の約30~40%は貧血だといわれています。
50歳未満の日本人女性の貧血の頻度が22・3%であることと比較しても、妊婦がいかに貧血になりやすいかわかっていただけると思います。

妊婦が貧血になりやすい理由の一つとして、自分だけではなく、お腹の赤ちゃんにも酸素や栄養を送るために、より多くの血液が必要になるからです。
妊婦はより多くの鉄を補充しなければなりませんが、一方で、つわりが起きると、吐き気がひどくなり、食事はままならなくなります。
食事が十分に摂れないと、鉄の摂取も不足し、それまで健康体であった女性でも、体内に蓄積されていた鉄が枯渇し、やがては貧血が引き起こされることになるのです。

二つ目の理由として、妊娠すると、母体は分娩の際の大量出血にも備えることです。
血液の液体成分である血しょう量が最大で47%も増え、血液の血球部分である赤血球も17%増えます。
血しょうの増加率が赤血球のそれよりも高いため、血液中に占める赤血球の割合が低下します。
血液が薄まった状態になり、その結果、貧血はさらに悪化するのです。

偏食やダイエットも貧血を招く

ダイエット
貧血は男性よりも女性に圧倒的に多い病気です。
女性は身体の構造上男性よりも鉄を多く必要とするにもかかわらず、鉄を摂る量が少ないのです。
ただ、鉄の必要量が多いといっても、バランスよくさまざまな食品を食べている女性は、鉄欠乏になる危険性は低いようです。
ところがダイエットをしていたり、好き嫌いが激しかったりすると、鉄欠乏の危険度は一気に上がってしまいます。

例えば、肉や魚は太るから食べない、たんぱく質は大豆プロテインで摂るからいい、という人がいます。
しかし、これでは肉に含まれる鉄がまったく摂れないだけでなく、赤血球を作るうえで不可欠なビタミンB群なども摂ることができません。
あるいは、甘いものやお酒が好きだからカロリーはこれで充分、そのかわり食事を抜くという人がいます。
けれども、これでは鉄どころか必要な栄養素がほとんど摂れないので、ダイエット以前に具合が悪くなってしまいます。

通常の献立では、1000キロカロリーあたり5~6mgの鉄を摂ることができます。
1日に2000~2400キロカロリーを摂る女性の場合は、10~14mgの鉄を食事から摂ることができるわけです。
ところがダイエットのために、1日のカロリーを1500まで落としたとします。
単純に食事の量を減らしてしまうと、このカロリーから摂取できる鉄はわずか7・5~9mgになります。
これでは国の決めた閉経前の鉄所要量である12mgをはるかに下回ってしまうのです。

ダイエットは若い女性だけの問題ではありません。
中高年になって肥満を気にし、ダイエットをする女性も多く、鉄欠乏症はすべての年齢層に共通の深刻な問題となっています。

鉄欠乏性貧血と食事

食生活
鉄欠乏性貧血を防ぐためには、鉄の含まれた食品を多く食べることが基本です。
食品に含まれている鉄には、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があり、ヘム鉄を含んでいるのは、肉・魚・卵・乳製品などの動物性食品です。
一方、非ヘム鉄を含んでいるのは、野菜・海藻・大豆といった植物性食品になります。

ヘム鉄と違い、非ヘム鉄は消化吸収されにくい鉄です。
吸収されやすさを吸収率で表すと、ヘム鉄が15~25%であるのに対して、非ヘム鉄はわずか2~5%です。
ヘム鉄と非ヘム鉄のどちらのほうが多く摂取しているかというと、非ヘム鉄であるとされています。
肉や魚といった動物性食品よりも、野菜や海藻などの植物性食品から摂るほうの割合が高くなっています。

このように説明すると、動物性食品をより多く摂ればいいの?と思われるかもしれませんが、それはあまり推奨されていません。
なぜかというと、私たちに必要な栄養素は鉄だけではなく、いろいろな栄養素をバランスよく摂る必要があるからです。

とにかく、できるだけ多くの食べ物を食べるようにしたほうがいいです。
1日30品目とよくいわれますが、鉄も含めてビタミンやミネラルは、多くの食品に少しずつ含まれています。
まんべんなくさまざまな食品を食べれば、それだけビタミンやミネラルもたくさん摂ることができるからです。
また、栄養素には相互作用がありますから、その意味でも多くの種類を食べることが大切になります。

レバーの食べ過ぎは要注意

貧血といえばレバーを思い浮かべる人が多いと思いますが、毎日レバーばかり食べていればいいというわけではありません。
確かにレバーには鉄が多く含まれていますが、動物性脂肪やたんぱく質の摂り過ぎは、動脈硬化やがんなど生活習慣病に引き金になってしまうからです。

また、レバーを食べすぎるとビタミンAの過剰摂取になってしまいます。
ビタミンAは、ビタミンBやビタミンCとは異なり脂溶性ビタミンになります。
そのため、大量に摂取すると、尿として排出されず体内に蓄積してしまうので過剰な状態になります。
その結果、赤ちゃんの口唇口蓋裂・心臓や血管の異常・目や耳の異常のリスクが高まってしまうのです。
嫌いなレバーを無理して食べるよりは、ほかの食品から鉄を補給する方法を考えたほうが、身体のためにはいいということです。

まとめ

鉄欠乏性貧血対策の基本は、一にも二にも食事です。
鉄を多く含む食品を日々バランスよく摂取することで、鉄の欠乏を予防することができます。
けれども、毎日の忙しい生活の中で、鉄を摂ることを中心とした食事にすることはかなり難しいといえます。

サプリメントであれば、自分に必要な栄養分だけ摂ることができますし、飲むだけなのでとても簡単ですので、よければ利用してくださいね。

 鉄欠乏性貧血サプリはこちら

楽天カードに入会していますか?
楽天でお買い物をするなら、楽天カードを使うのがお買い得!
買い物に対してポイントが付き、ポイントでお買い物をすることも可能になります。

コメントは受け付けていません。