loh症候群(男性更年期障害)サプリ人気ランキング!健康のサポートに

サプリメント4
loh症候群、あるいは男性更年期障害においては、聞いたことはあっても自分の事ではないと思っている男性が多いです。
しかし、筋肉が落ちる、骨が弱くなる・ED・動脈硬化・頻尿・うつ・不眠など、この中で自分に思い当たることはないでしょうか?
これらの不調の原因は、単に加齢による症状だけではなく、男性ホルモン(テストステロン)の減少による、loh症候群(男性更年期障害)ではないかと考えられています。

loh症候群は、直接命にかかわる病気ではないですし、治療はしやすくなっていて、男性ホルモンの量や活性が回復すれば症状の多くが解消することが多いです。
そういったことに対応したサプリが、通販においてはいろいろと販売されていますが、今回はその中から、人気があるサプリをランキングにして紹介したいと思います。

loh症候群(男性更年期障害)サプリランキング

ビガリス

ビガリス
トンカットアリ5000mg・マカ500mg・アルギニン50mgという、他にはない圧倒的配合量があります。
さらに、亜鉛・ビタミンE・ライチポリフェノール・ドラゴンフルーツなど、10種類の活力成分を配合した、ロングセラーの男性専用サプリになります。

 こんな人におすすめ
●いつまでも若々しくパワフルでいたい
●気力や活力に自信がない・・・
●肝心な時にふんばれない
●もっと頑張ってほしいという雰囲気を感じる
●妻や彼女とギクシャクしてしまう

 おすすめポイント
●精力剤専門の創業60年の製薬会社「芳香園製薬」が開発
●お客様満足度が86%と評判がいい
●厳しい品質管理が行われているGMP基準の工場で生産

販売者

株式会社ウイッツジャパン

容量

1箱(30カプセル入り)

価格

5980円(定期コース・税別)、9241円(単品・税別)

主成分

トンカットアリ濃縮エキス末、マカエキス末、ライチ由来低分子ポリフェノール、ドラゴンフルーツエキス末、ビール酵母(亜鉛含有)、高麗人参、シシウドエキス末、コーンスターチ、ムクナエキス末、ショウガ末、トウガラシ末、HPMC、L-アルギニン、クエン酸、カフェイン、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、ビタミンE、着色料(酸化チタン)
詳細ページ

タフdeナイト

タフdeナイト
男性の活力をサポートするサプリであり、朝も夜もタフに生きたい人にパワーの源をお届けします。
マカ・トンカットアリ・亜鉛・アルギニン・トナカイの角など、厳選した成分がバランスよく配合されています。

 こんな人におすすめ
●いつまでも男らしくありたい
●朝から元気でいたい
●若々しい強さが欲しい
●毎日生き生きと過ごしたい
●夫婦生活を円満にしたい

 おすすめポイント
●マカ部門・トンカットアリ部門・亜鉛部門において楽天ランキングで1位を獲得している
●吸収力や配合量にこだわった、最大限のパフォーマンスを発揮できるサプリ
●安心・安全の日本製で品質にこだわっている

販売者

株式会社リラクル

容量

60粒入り(1ヶ月分)

価格

3120円(定期コース・税込)、3900円(単品・税込)

主成分

マカ、酵母(亜鉛含有)、マルトデキストリン、トンカットアリエキス、トナカイ角末 / L-アルギニン、 HPC、クエン酸、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、セラック、安定剤(キサンタンガム)、グリセリン脂肪酸エステル
詳細ページ

白井田七(しらいでんしち)

白井田七
完全無農薬・有機栽培の貴重な田七人参を飲みやすい錠剤タイプに仕上げました。40代を超えた方に、和漢のパワーでじっくり健康をサポート。
サポニンや田七ケトン・アミノ酸・ビタミン・ミネラルなど1粒にぎっしり。
100%オーガニック食品の為、添加物は一切入っていません。「数値が高い方」「更年期の方」「健康が心配」という方にオススメです。

 こんな人におすすめ
●なんだか最近気分が晴れない
●健康の不安をなくしたい
●食生活が不安定
●最近年齢の不安を感じる
●運動不足になっている

 おすすめポイント
●身体に良いとされている成分が数十種類も含まれている田七人参を使用している
●身体の元気の源であるアミノ酸は19種類・体内で生成できない必須アミノ酸は9種類含まれている
●購入者さんたちの満足度が94%であり効果を実感している
●発売日より6年で100000本を達成した人気商品
●GMP・有機JAS認定工場で生産

販売者

さくらフォレスト株式会社

容量

120粒(半月~1ヶ月分)

価格

3980円(毎月お届け便・税別)、6480円(通常価格・税別)

主成分

有機田七人参(98%)、有機玄米(2%)

備考

15日間返金保証キャンペーンがついている
詳細ページ

loh症候群(男性更年期障害)とは?

医者
日本は、欧米などの先進国を上回って高齢社会を迎えました。
日本人の寿命が延びたのは、医学の進歩が寄与するところが大きいのですが、食生活の向上・社会環境の整備・改善も見過ごすことはできません。

人は誰しも年を重ねると老化現象がみられるようになります。
精神や心理・臓器・性機能に変調を生じ、さまざまな症状を訴えはじめます。
加齢とともに現れるこれらの症状は、性ホルモンの分泌が減少する中高年の時期に発症することから、いわゆる「更年期障害」と呼ばれ、中高年女性特有の障害とされてきました。
しかし近年、男性にも女性と同じような「男性更年期障害」があることがわかってきました。
今日では、中高年男性にみられる体の変調は、「加齢による男性ホルモン(テストステロン)の減少」がいちばんの原因であることが明らかになっています。

そのなかで、男性ホルモンの減少により諸症状が発症する「loh症候群」が注目されてきました。
loh症候群とは、男性更年期障害として使用されてきた一連の医学的な呼び名であり、「加齢男性性機能低下症候群」に由来します。
男性ホルモンは車のエンジンに例える人もいるくらいで、加齢により減少していくことで、中高年男性のスムーズな健康維持の歯車のかみ合わせをぎこちなくするという考えもあります。

男性ホルモン(テストステロン)の減少による影響

筋肉の老化

手足の筋肉は、日頃から鍛えている人は別にして、加齢とともに減少し、男性も女性も70歳代では20歳代の約60%にまで低下します。
それによってまず困ることは、下肢の筋肉が減少することによる移動能力の低下です。
その原因には、神経の小さな単位の運動であるニューロンの減少があります。
また、栄養状態の変化、運動量の低下などさまざまな要因のほか、テストステロンの働きが低下するためという考えがあります。

骨粗しょう症

体の骨格のもとになる骨の量は加齢とともに減少します。
女性では閉経後に女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少し、更年期を境に骨量が減少します。
骨量減少は軽度であれば問題ありませんが、著しい骨量減少は背骨の圧迫骨折や、大腿頸部骨折などで代表される骨折の危険を増大させます。
テストステロンと骨粗しょう症との関係も古くから注目されていることで、loh症候群の症状のひとつに挙げられています。

動脈硬化

動脈硬化は個人差が大きいのですが、中高年男性にとってはやはり重要な問題です。
最近の研究で、高齢男性における男性ホルモンの欠乏は、心血管疾患の危険因子となることが明らかになってきており、男性ホルモンの減少は動脈硬化を促進すると考えられています。

精神機能

高齢者においては、うつ病や認知症の患者が増加します。
高齢男性のイライラ感や不眠・うつ症状などの一部は、加齢によるテストステロンの減少で起こる可能性があると考えられています。

中高年男性の望ましいライフスタイル

健康な老夫婦
loh症候群になりやすい生活習慣・病気など、危険は身の回りにあふれていますが、避けることも可能です。
たとえば、肥満や糖尿病・高血圧・心疾患などの生活習慣病、それに運動不足・喫煙や飲酒などがそれにあたります。
肥満の解消はloh症候群の予防だけにとどまらず、治療にも有効です。
その理由のひとつに、適度な運動は体内での男性ホルモンの産生を促すという研究報告があるからです。

また、loh症候群を避けるためには喫煙も必要です。
たばこを吸わない人と比べて、喫煙者はloh症候群になる可能性が2倍近くあり、その危険はたばこの本数と喫煙機関の増加に比例して高まっています。
過度の飲酒もloh症候群の原因になります。
そのメカニズムは肝機能障害とも関連があるともいわれますが、アルコール性肝硬変の患者さんに血液中のテストステロン値が低いことが観察されることがあります。

その他、パートナーとの会話を大切にして、ゆとりある日々を過ごし、感情的や身体的な満足度・全体的な幸福感を持つことは、loh症候群の有病率や程度の改善に関係するとされています。

loh症候群に関するQ&A

男性更年期障害とは何ですか。男性にも更年期があるのでしょうか?
女性の更年期障害はよく知られていますが、男性にも同様の不調があります。
女性は50歳前後エストロゲンなどの女性ホルモンが減って、やがて閉経を迎えます。その前後5年くらいを更年期と呼び、その時期に起こるさまざまな体調不良を更年期障害といいます。

男性もほぼ同じですが、減っていくのは男性ホルモン(エストロゲン)です。
男性には女性の閉経のような大きな変化がないため、更年期障害がいつ始まっていつ終わるかがわかりません。
個人差も著しく、ほとんど不調がない人もいれば、ひどい体調不良やうつ状態にさいなまれる人もいます。

loh症候群とは何ですか?男性更年期障害とは違うのですか?
loh症候群は日本語でいえば、男性性腺機能低下症症候群です。
男性更年期障害と意味も症状も大きな違いはありませんが、定義の基本となるのは男性ホルモン(エストロゲン)の減少です。

血液中の遊離テストステロンの値が8.5未満がloh症候群と診断されます。
症状は不眠やメタボリックシンドローム・うつ・イライラ・動悸などさまざまです。
テストステロンが関わっている臓器と働きに支障が起きるのです。
しかし、症状に該当する内科や心療内科・整形外科等を受診しても「異常なし」と診断されることが多く、多くの男性を悩ませているのが実情になります。

loh症候群(男性更年期障害)の診療は、どんな医療機関を受診すればいいのでしょうか?
女性には婦人科がありますが、まだこの疾患が認知されて間がないため、男性による男性科はありません。
一般的には泌尿器科が該当しますが、男性更年期障害を治療している医療機関はさまざまです。
泌尿器科以外であれば男性更年期外来のある総合病院・メンズクリニックが該当します。

また、生活習慣病を含めて健康状態を把握している内科系のホームドクターがいれば、loh症候群(男性更年期障害)についても相談に応じてくれるかもしれません。

トンカットアリの効果・効能

トンカットアリ
複合サプリの成分の成分の一つであるトンカットアリは、マレーシアの伝承薬です。
古くから滋養強壮・体力向上・性機能向上など、男性の性能力の機能を高めることで知られている植物成分になります。
マレーシアだけではなく、ベトナムやタイ・インドネシア・フィリピン等の地域では、マラリアや腫瘍・疲労・不安神経等の効果があるとして、民間医療に広く使われてきたという歴史があります。
生薬としてのトンカットアリは、朝鮮人参や田七人参・西洋人参と同じ薬用人参の一種になります。

昔から滋養強壮剤・精力剤として知られてきた植物ですが、今日では科学的な研究が進み、薬効の秘密が徐々に解き明かされています。
トンカットアリの働きの中で、最も注目されているのはやはりテストステロンの増加です。
性的能力の低下において、トンカットアリが有効であることが臨床実験で確かめられていますし、テストステロンの分泌を高めることで、筋肉を増やし脂肪を減少させることも臨床実験で確認済です。
その他、骨粗しょう症の予防や進行を抑止する可能性も示唆されています。

こういった効果が実証されているので、トンカットアリは、男性向けへのサプリによく使用されています。
病院で治療を受けるほどではない人などは、トンカットアリを含んだサプリを使用することをおすすめします。

 トンカットアリを成分とするサプリはこちら

さいごに

loh症候群(男性更年期障害)は、治療できない病気ではありません。
症状が改善し、元気を取り戻すことは可能ですので、病気を理解して日々の取り組みを強化し、快適な毎日を取り戻してくださいね。

楽天カードに入会していますか?
楽天でお買い物をするなら、楽天カードを使うのがお買い得!
買い物に対してポイントが付き、ポイントでお買い物をすることも可能になります。

コメントは受け付けていません。