胃薬の漢方の通販でおすすめはコレ!つらい胃の痛みにスーッと効く

胃痛
仕事や人間関係の摩擦、時代の変化から感じる精神的ストレスなどをはじめとして、暴飲暴食や不規則な食生活など、現代人の生活は胃に負担をかけることばかりです。
とくに、精神的なストレスは胃腸の病気につながることが多く、ストレス社会といわれる現代において胃を患っている人はたくさんいます。

「沈黙の臓器」といわれる肝臓と違って、胃はしょっちゅう悲鳴をあげます。
食べすぎると胃がもたれ、ストレスがたまると痛みます。
あまりに頻繁に悲鳴をあげるため、私たちは胃の病気に対して少し無頓着になっているようなところもあります
たとえば、少しぐらい胃の調子が悪くても、「風邪気味だから・・・」「夏バテ気味なので・・・」などと軽く考えてしまいがちですが、ちょっとした胃痛や胸やけでも、放置していると深刻な病気につながることも少なくありません。

胃は、毎日お世話になっている割に、そのしくみや働きは意外と知られていません。
しかし、胃は食べ物を吸収しやすいように消化する第一番目の重要な臓器であり、胃が悪くなると人間は活力もなくなります。
胃腸の健康は、体全体の健康、そして心の健康にもつながるのです。

胃がおかしい、けれども病院に行くと何を言われるのかわからないし、どのような検査をするのか不安・・・という人もいると思います。
そういった、できれば病院に行かずに治したいという人のために、胃薬の漢方があります。
漢方であれば、やさしく胃をいたわりながら治療することが可能になりますが、今回は、胃薬の漢方の中からおすすめできる商品を紹介したいと思います。

生薬製剤イツラック

生薬製剤イツラック
イツラックは、3つの健胃生薬成分が産んだまったく新しい健胃剤です。
胃の不快症状を考え、芳香性健胃剤の王道成分【経皮(ケイヒ)】・紀元前から重用される、爽やかでたくましいパワー【丁子(チョウジ)】・爽やかな清涼感が嬉しい生薬【茴香(ウイキョウ)】の生薬由来成分を配合しています。

 こんな人におすすめ
●胃がもたれる
●胃液がこみ上げる
●お酒を飲むと翌日に残りやすい
●ついつい脂っこいものを食べてしまう
●運動不足でも食事の量は変わらない

 おすすめポイント
●施策に施策を重ねて完成した、「指定医薬部外品」
●体に優しい漢方生薬由来の成分を配合し、痛みを取り除きつつ胃の健康を高めることができる
●満足率が93%と評価が高い
●安心の10日間返金保証がついている
●GMP基準を準拠した、品質・衛生・環境管理のもと製造

販売者

漢方生薬研究所

容量

1箱(300mg×90カプセル)約1ヶ月分

価格

2980円(特別モニターコース・税込)、7980円(通常購入・税込)

備考

特別モニターコースで購入すると、「診るイツラック」という小冊子がプレゼント
詳細ページ

胃炎とは?

医者
私たちの胃は、あらゆる食物や飲料などの外的刺激に日々さらされています。
また、それらを消化するために分泌される、強力な胃酸とも戦っているのです。
胃炎とは、胃壁をカバーする粘膜が炎症を起こした状態を指していますが、すべて病気とは限りません。
日常生活で、粘膜にある程度の炎症が起こるのは仕方ないことだからです。

内視鏡で胃の中を覗いてみると、きれいな粘膜になっているのが10代です。
胃が荒れていたり、胃炎が出てきたりし始めるのが20代、30代を過ぎると多くの人が何らかの形で胃炎を抱えています。
10代のつややかな粘膜を30歳過ぎても保つというのは無理な相談であり、胃壁も肌と同じく粘膜年齢があるのです。

慢性胃炎とは?

症状がはっきりしないけれども、何となく胃の調子が悪いといった経験はありませんか?
これが慢性胃炎の特徴であり、いつから調子が悪いのかもわからず、その症状がいつもあるわけではないので、病院へ行くほどの事ではないと判断してしまいがちです。
胃のもたれや痛み・食欲不振や腹部膨膜感・吐き気・げっぷなどの不快感が不定期に起こるようなら、慢性胃炎を疑ったほうがいいのかもしれません。

慢性胃炎が起こる原因

慢性胃炎は、急性胃炎と同じく、ストレスや暴飲暴食などが原因で起こるといわれています。
急性と慢性の区別ははっきりしていませんが、診断する上では急性胃炎と慢性胃炎に分けられています。
また、近年ではピロリ菌との関係性も注目されています。

ストレスと胃の病気の関係とは?

胃とストレス
たとえば、仕事を辞めて悠々自適になったら治った、離婚をしたら治ったなど、ストレスと胃の関係は明白です。
しかし、すべてのストレスの原因をなくすのはなかなか難しいことです。
まず、自分自身のストレスをチェックし、自分に合ったストレス解消法を考えましょう。

1日の疲れを次の日に残さないためにも、リラックスして、質の良い睡眠を充分とっていれば、同じストレスでも身体への負担が大きく違います。
忙しくてなかなか睡眠時間がとれないという人もいると思いますが、眠れるときはできるだけ早めに休んだほうがいいです。
また、好きなことをしているときは、人はストレスを感じないものです。
自分の時間を持つなど、ストレスの原因となることから一時的に逃れることも大切になります。

ストレスと自律神経

ストレスは、直接的に胃を攻撃するわけではありません。
ストレスが攻撃するのは、胃酸の分泌バランスをコントロールする司令塔である自律神経です。
司令塔が興奮すると、胃には、粘膜血流の低下と胃酸過多という変化があらわれます。
これによって、胃壁を防御する粘膜の分泌が血流低下によって弱められ、一方で胃壁を攻撃する胃酸の分泌が促されてしまうのです。
つまり、ストレスによって間接的に胃酸がダメージを受けてしまうのです。

胃を丈夫にする食事法とは?

胃と食生活
胃腸を丈夫に保つためには、胃腸粘膜の抵抗力を高め、胃壁の筋肉を丈夫にすることが必要です。
そのためには、バランスのとれた各種栄養素を含む、高たんぱく・高エネルギー食を摂ったほうがいいです。

牛乳・卵・鶏のささみ・牛もも肉・白身魚・豆腐などの高たんぱく食品をメインに、たんぱく質の吸収を助けるビタミンやミネラル類を積極的に摂り、貧血予防のためにもレバーや緑黄色野菜などをバランスよく食べたほうがいいです。
また、粘膜を保護する乳製品は胃酸を中和するので、胃・十二指腸潰瘍にはやさしい食品といえます。

食事は時間をかけて楽しく

食事の内容だけでなく、食べ方も大事なポイントになります。
胃は食べ物を消化しないと、十二指腸に送ることができません。
胃の負担を減らすためにも、40~50回は噛んで唾液と食べ物を混ぜて食べるといいといわれています。

急いで食べすぎるのは消化に悪く、潰瘍の大敵である食べ過ぎのもとになります。
1回の食事時間は最低30分以上はかけたいものです。

腹八分が基本

一度に食べすぎて、満腹になると胃に多大な負担がかかります。
暴飲暴食は胃がもたれ、胃酸の分泌も増し、潰瘍の大敵になりますので、腹八分位を心がけたほうがいいです。
胃酸は自律神経にコントロールされ、食事の決まった時間になると分泌されます。
その状態で食事をしないでいると、胃の粘膜は胃酸の刺激にさらされることになるので、胃腸のためには規則正しい食習慣を身につけることが大切になります。

刺激物は胃に負担をかける

胃・十二指腸潰瘍に人が食事療法をする場合は、強すぎる胃酸の分泌を抑えることが肝心です。
胃酸の分泌を高めるものとして、味の濃すぎるもの・熱すぎるもの・刺激の強いものがあります。
香辛料は食欲をそそるのですが、胃酸の分泌をよくし、辛いものも胃の粘膜に強い刺激を与えるので、摂り過ぎには要注意になります。

刺激物には、カレー粉・わさび・唐辛子・こしょう・ラー油などがあります。
香辛料を多く使うエスニック料理や韓国料理にも注意が必要です。
ハーブ類は、カモミールなどリラックスさせるものはいいですが、ミント・タイム・レモンバームなど、リフレッシュ系のものは避けたほうがいいです。

さいごに

今回は、胃薬の漢方と胃痛や胃炎に関することを紹介しました。
胃薬の漢方を飲むだけではなく、生活習慣や食生活など、胃に負担をかけることを少しでも減らすことが胃痛や胃炎を治すことには重要になります。
見直すことができる部分を改善し、おなかを快調にしてスッキリ健康的な毎日を送ってくださいね。

 胃薬の漢方はこちら

コメントは受け付けていません。